離婚慰謝料請求で使える法律事務所リスト

top > 離婚慰謝料について > ドメスティックバイオレンスの離婚慰謝料とは

ドメスティックバイオレンスの離婚慰謝料とは

近年、離婚理由として、パートナーの暴力を挙げる方が増えています。
いわゆるドメスティックバイオレンスは、家庭内で起こることから、深刻な事態になるまで発見が遅れてしまいがちです。
「普段は優しい人だから」と大目に見るのではなく、きちんとした対処をすることで、自分や家族の身の安全を守ることができます。
離婚を決断した場合には、当然離婚慰謝料を相手に求めることができます。
このときの相場の金額は、50万円から500万円ほどです。
あいての暴力が原因で、どれぐらいのケガをしたのかや、精神的苦痛を受けたのかで、具体的な金額が算出されます。
とはいえ、DV被害者の場合は「とにかく離婚さえできればそれでいい」と、離婚慰謝料をあきらめてしまうケースも少なくありません。
離婚後の生活を立て直すためにも、まずは弁護士に相談してみるのがオススメです。



離婚慰謝料を請求できるのは、どういった浮気なのか

相手の浮気が原因で、離婚に至った場合、相手の心には深い傷が残ってしまうことでしょう。
しかし夫婦が離婚するきっかけとして、浮気や不倫は決して珍しいことではありません。
誰にとっても、身近な出来事だと言っても良いでしょう。
相手の浮気を疑ったときには、離婚や離婚慰謝料について考える方も多いはずです。
このときに知っておきたいのは、「離婚慰謝料を請求できるのは、あくまでも浮気や不倫で、パートナー以外の相手と肉体関係を結んだとき」です。
精神的な浮気の場合や、肉体関係があったことを証明できなければ、慰謝料を請求することは難しくなってしまいます。
慰謝料は、離婚後の生活のためにも大切なお金です。
相手の浮気や不倫が疑われるときには、しっかりとした証拠を押さえられるように行動してみてください。
浮気相手とのやりとりを記録したものや、具体的な写真などが、確かな証拠として扱われます。



離婚慰謝料は、弁護士に相談するのがオススメです

相手の不貞行為が原因で離婚に至った場合には、離婚慰謝料を請求できます。
とはいえ、別れる相手に対して「相手の希望を叶えるため、いくらでも支払おう」という方はごく稀です。
不貞行為をした側にもこれからの生活がありますから、できるだけ値切ろうとするのが通常の流れです。
とにかく早く離婚したいと考えた場合、相手の言い値で納得してしまうケースも少なくありません。
しかし離婚慰謝料も大切なお金です。
できるだけ多くもらっておくことは、非常に重要な行為だと言えます。
もし相手が慰謝料を値切るようであれば、速やかに弁護士に相談しましょう。
もちろん弁護士に支払うコストはかかりますが、それを相殺しても、より多くの慰謝料を手に入れられる可能性があります。
詳しいことは、まず相談してアドバイスをもらうのがオススメです。
その後、どう行動すれば良いのかもわかるはずです。

次の記事へ