離婚慰謝料請求で使える法律事務所リスト

top > 離婚慰謝料について > 離婚慰謝料がもらえる条件と大体の額

離婚慰謝料がもらえる条件と大体の額

今や3組に1組の夫婦が離婚してしまうと言われており、離婚は珍しいものではなくなりました。
離婚は結婚する時と同様に、決めなければならないことや面倒な手続きがたくさんあります。
離婚慰謝料の請求もそのひとつです。
離婚に関わる慰謝料は、有責配偶者が払うのが一般的です。
例えば浮気をした、DVを行ったなどの夫婦のどちらかが一方的に悪いことをした場合、それをされることで肉体的、または精神的に苦痛を味わった側が慰謝料を請求できます。
性格の不一致など、双方に非がない場合に慰謝料を請求することは難しく、自分が不貞などをしてしまった場合は逆に請求されることがあります。
慰謝料の額は、受けた苦痛の大きさや婚姻期間の長さ、相手の経済力などによって変わってきます。
一般的には婚姻期間が長くなることによって、金額は上がっていきます。
しかし、大体の相場は100万から300万程度であると言われています。



離婚慰謝料をもらうために弁護士に相談しよう

パートナーに浮気される、DVを受けるなどした場合、離婚する際に離婚慰謝料を相手に請求することができます。
慰謝料の請求は法律的な資格を持っていなくても行うことができますが、金銭のやり取りなので相手側と揉めてしまうことがあります。
慰謝料の請求で相手側と揉めてしまうと、その後の離婚手続きや新しい生活にも影響が出てきてしまうかもしれません。
出来るだけスムーズに慰謝料の請求を行い、その後の生活を穏やかにスタートさせることができるように、弁護士に依頼するのが良いでしょう。
弁護士に依頼すれば、自分のケースがどれくらいの慰謝料を請求できるのか目安を付けることができます。
また、万が一慰謝料請求がこじれて調停や裁判までもつれ込んでしまったとしても、きちんと法律的な見地からアドバイスがもらえるので安心です。
多くの弁護士事務所が無料や安価な金額で相談を受け付けていますので、相談しに行ってみると良いでしょう。



相手の不貞行為で離婚する場合の離婚慰謝料

結婚相手の不貞行為によって離婚する場合は離婚慰謝料を請求する事が大事になります。
浮気や暴力など民法で定められている不貞行為に相手の行為が当てはまる場合は慰謝料を請求する事ができます。
これは法律が関わってくるので、慰謝料を請求して相手がなかなかこちらの要望に合った答えを出してくれない場合は弁護士などの法律の専門家に相談する必要があります。
いくら結婚相手が不貞行為をしてもなるべく不貞行為した側も慰謝料を多く支払いたくない気持ちが出てくる事があります。
そうなるとなかなか進展しないので、弁護士に力を借りてうまく離婚慰謝料の問題が進展するように手助けしてもらいます。
弁護士が関わってくるとうまく解決できる可能性がありますし、裁判になってもあなたをフォローしてくれるのであなたの満足がいく慰謝料を請求できる可能性があります。

次の記事へ