離婚慰謝料請求で使える法律事務所リスト

top > 離婚慰謝料について > 離婚慰謝料が発生する場合には専門家の利用が得策

離婚慰謝料が発生する場合には専門家の利用が得策

円満離婚であっても、そうでなくても慰謝料が発生する場合には、専門家を間に入れることがお勧めです。
やはり金銭のことなので、こじれると面倒ですし、多大な負担となってしまいます。
小さな行き違いだったとしても、大事になってしまうと、収拾がつかなくなり、どうしようもなくなってしまう場合もあります。
多少、面倒だと感じても、後々のトラブルを減らせると思えば、専門家の力を借りる方が得策です。
また、離婚慰謝料の請求が出来るかどうかといった場合にも、自己判断せずに専門家へ相談することがお勧めです。
どうしても当事者同士の話し合いだと、感情が入ってしまいますし、公平な判断をすることが難しくなります。
その点、第三者である専門家を間に挟めば、客観的な意見を聞けますし、相談をすることも可能です。
大事な局面で落ち着いて判断をするためにも、利用しない手はない筈です。



離婚慰謝料を請求するときは証拠が必要

円満に離婚すれば離婚慰謝料請求をすることはありませんが、そうでなければ離婚慰謝料を請求する場面が見受けられます。
慰謝料請求する時には必ず証拠が必要です。
単に相手の態度がおかしいので不倫したに違いないなどと言っているだけではまず慰謝料請求することはできません。
慰謝料請求をするときの証拠は、それなりに証拠能力が高い必要があります。
例えば、二人で道を歩いているところを見たと言った程度では証拠能力があるとは言えません。
パソコンやスマートホンのメールで不倫をにおわすような会話があった場合は証拠としては意味がありますがそれほど強い証拠ではありませんので、それのみで慰謝料請求することは難しくなります。
慰謝料請求するほどの証拠とは、実際に不貞行為に及んでいるところを写真に撮ったとか動画に撮ったなどが必要になるでしょう。
また、ホテルに入るところを撮影したなども証拠としては価値が高いです。



離婚慰謝料に必要な不貞行為とは何か

不倫が原因で離婚慰謝料を請求する場合、必ず証拠が必要になります。
その証拠は、不貞行為があったことをにおわすものや不貞行為があった場面を写真などに取った場合は高い証拠能力になりえます。
ここで問題になるのがそもそも不貞行為とはどの行為までを言うかです。
基本的に性行為が行われていれば、不貞行為と断言することができますが、それでも単に裸で抱き合っていただけでは不貞行為とは言いにくい部分があります。
挿入をしている場面では問題なく不貞行為とが出来るでしょう。
キスをする場面は不貞行為とは言いにくいです。
例えば道端で不倫相手とキスをしているところを写真に収めた場合でも、不倫の離婚慰謝料請求の証拠としては不十分になります。
口淫は、慰謝料請求の対象になります。
結論を言えば、挿入と口淫2つの行為があれば不倫と考えてよいでしょう。

次の記事へ