離婚慰謝料請求で使える法律事務所リスト

top > 離婚慰謝料について > 離婚慰謝料でのトラブルに遭わないために

離婚慰謝料でのトラブルに遭わないために

離婚の際に起こるトラブルといったら養育費と慰謝料が多いでしょう。
そもそも、離婚慰謝料はどの程度なのか、知らない人が大勢います。
確かにセレブとかはとんでもない金額の慰謝料を払ったりしています。
しかし、一般の人がそんな金額を払えるわけがありません。
慰謝料の相場を知ると案外、がっくりすることがあります。
ちなみに200万から300万程度が請求できる慰謝料の金額になります。
人が考えているよりはるかに安い金額です。
中にはその金額すら払いたくない人もいます。
とにかく、離婚をするからといって高額な慰謝料がもらえるわけではありません。
そもそも、離婚には原因が必要です。
それをはっきりさせてから慰謝料の相談をしましょう。
確かに慰謝料はできるだけ多く払ってほしいかもしれません。
しかし、慰謝料の相場がある以上、慰謝料の名目にとらわれずに別な意味での給付を考えた方がいいかもしれません。



離婚慰謝料を請求できる場合とできない場合

何らかの理由で、婚姻関係を解消しようと考えたとき、さまざまなお金の問題も表面化します。
その中の一つが、離婚慰謝料と呼ばれるお金です。
近年では、「離婚するときには離婚慰謝料を請求できるケースがある」ということも広く知られています。
しかし、では具体的にどのような場合に慰謝料を請求できるのかという情報は、あまり知られていません。
離婚するときに慰謝料を請求できるのは、夫婦どちらかに不当な行為があり、精神的、もしくは肉体的に苦痛を受けたときです。
たとえば不倫や浮気は、慰謝料を請求できるケースとして知られています。
このほかにもドメスティックバイオレンスや、生活費を渡さないなど、様々な理由が該当します。
残念ながら「性格の不一致」で離婚をする場合には、夫婦どちらか一方のみに過失があるとは認められません。
こうした場合には、慰謝料の請求はできません。



離婚慰謝料、気になるその相場とは

離婚するときには、さまざまな手間がかかります。
精神的に辛い経験になるでしょうし、再出発をするためには当然お金もかかります。
できるだけスムーズに新しい生活へと移るため、「できるだけお金は手元に欲しい」と願うのは当然のことだと言えるでしょう。
夫婦どちらかの浮気や不倫が原因で離婚に至った場合には、当然、離婚慰謝料の支払いを求めることができます。
では具体的に、どれぐらいが相場なのでしょうか。
浮気や不倫は、不貞行為をみなされます。
どれぐらいのショックを受けたのかによっても金額は変わってきますが、100万円から500万円程度が相場だと言われています。
相手の行為によって自分がどれだけ傷ついたのか、精神的、肉体的な変化があったときには、きちんと記録に残しておくと良いでしょう。
不貞行為は「ない」というのが一番ですが、起きてしまったことは、もう取り返しがつきません。
どれだけ慰謝料をもらい、気持ちに折り合いをつけるかがカギとなります。

次の記事へ