離婚慰謝料請求で使える法律事務所リスト

top > 離婚慰謝料について > 離婚慰謝料の相場

離婚慰謝料の相場

離婚と聞くと、他人事のように思えますが、データを見るとそうでもないことが良く分かるのではないでしょうか。
ある機関の調査によると年間60万組の夫婦が誕生している背景で年間20万組の夫婦が理由はどうあれ、離婚で別れているというデータが出ています。
離婚の原因はその夫婦間で様々ですが、離婚した原因によっては慰謝料が請求できる場合があります。

お互いの性格が合わなかったというのは離婚に至る理由としては多いですが、この場合はどちらにも理由があるとは言えないので、離婚したとして?お慰謝料を請求しにくいです。しかし、不倫や浮気など、妻以外の女性と性的な関係を持ったことが発覚したり、暴力を一方的に振るわれたり精神を病むような言葉を浴び去られたりといった言葉や物理的な暴力など、相手が一方的に悪いと判断される場合に亜h被害を受けた側は被害を与えた側に対して慰謝料を請求することが出来ます。
では離婚の際に慰謝料が認めれるケースではいったいどれくらいの慰謝料が支払われるのでしょうか。
離婚慰謝料に関してはその夫婦間の状況に大きく左右されるので、はっきりとした金額は無いのですが、おおよその相場は存在します。

例えば、夫、あるいは妻側が一方的に不倫や浮気をして、性的関係を持っていた場合、これは不貞行為に当たるので慰謝料を請求できるのですが、この場合の慰謝料は100万円から500万円とされています。不貞行為に至った経緯や回数、期間、そして不貞行為によって被害者側が受ける精神的ダメージを考慮してこの金額は上下します。不倫や浮気の場合、相手側が既婚者であるかどうか認識していたかどうあ?も重要なポイントです、認識しながら不倫を続けていた場合、相手側にも慰謝料を請求できます。そして精神的、または肉体的な暴力を受けている場合はだいたい50万円から300万円が慰謝料の相場といわれています。
暴力を受けた回数や受けたことによる肉体的、または精神的ダメージの大きさによって金額は上下します。これらはあくまでも一般的な基準値なので、交渉の進め方によって金額は大きく変動します。より相手から多くの慰謝料を受け取りたいのであれば、とにかく有利になるような証拠をたくさん収集しましょう。
浮気や不倫であれば現場の写真、相手とのメールのやり取りなどは重要な証拠になります。肉体的な暴力を受けた場合はケガの写真を撮ったり、医師から診断書をもらったりしておきましょう。