離婚慰謝料請求で使える法律事務所リスト

top > 離婚慰謝料について > 離婚慰謝料の相場を正しく理解しよう

離婚慰謝料の相場を正しく理解しよう

離婚慰謝料の請求が可能となるケースとして、配偶者による不貞行為や犯罪行為などがありますが、法律上の手続きを取るうえで、必ず経験の豊富な弁護士や司法書士などにサポートを受けることが大切です。
最近では、初回の無料相談の仕組みが整っている法律事務所が増えており、慰謝料の算定基準や裁判上で必要となる書類の集め方について、詳しいアドバイスを受けることができます。
特に、離婚慰謝料の相場について理解を深めたい場合には、これまでの離婚訴訟における判例に目を通したり、法律の専門家に見解を尋ねたりすることが有効です。
また、子供の人数や年齢などが慰謝料の額に大きく影響することがあるため、親権の問題を含めて解決するうえで、成功事例の多い法律事務所を見つけることがポイントです。
その他、弁護士などに依頼をするための報酬額の負担方法についても把握することが重要です。



離婚慰謝料を必要とする場合と金額

いくら好きで一緒になった人でも、相手側の家と上手く行かずに別れたと言う人もいれば、浮気がばれてしまい離婚に到ってしまったと言う人もいるでしょう。
一生一緒にいると誓った人でも、いろいろな理由を持って別れになってしまうことがあります。
そんな時に問題になって来るのが、慰謝料です。
基本的な考えで、性格の不一致とか価値観の違いなどと言う、両者の原因がある場合、どちらか一方が悪いと言うことがない時には、これを請求出来るものではありません。
また離婚慰謝料が必要とされる場合でも、その原因によって金額も変わって来ることになります。
例えば、多くの原因となっていると言われる浮気や不倫では、100万円から500万円前後が一般的な費用となっているとされます。
不貞した期間やその内容においても、金額が変わって来ると知っておきましょう。
それはセックスレスでも離婚の原因になり、慰謝料も支払われることになると知っておきましょう。



離婚慰謝料を請求できるケースと相場とは

夫婦どちらかに問題行動があり、離婚に至ってしまった場合には、もう一方には離婚慰謝料を請求する権利があります。
こうした問題で離婚を検討する場合、実際に離婚が成立するころには、心身共に疲弊しているケースも多くあります。
こうした場合には「もう別れられれば何もいらない」と考えてしまいがちですが、これはあまりお勧めできません。
離婚後の生活には、何かとお金がかかります。
もらえるものはきちんともらうことで、精神的にも楽になるケースも多くあります。
離婚慰謝料がもらえるケースの具体例としては、相手の浮気や不倫、そして暴力などが原因で離婚に至ったケースです。
「もしかして当てはまるのでは」と感じたときには、弁護士に相談してみると良いでしょう。
離婚慰謝料の相場は、50万円から400万円程度だと言われています。
将来の備えとなるはずです。

次の記事へ