離婚慰謝料請求で使える法律事務所リスト

top > 離婚慰謝料について > 離婚慰謝料を請求する時には弁護士に任せよう

離婚慰謝料を請求する時には弁護士に任せよう

離婚慰謝料の金額は、それぞれの夫婦の関係によって大きな違いが出るため、離婚に向けた話し合いをスムーズに行ううえで、民事上の問題に詳しい弁護士に対応を任せることが肝心です。
最近では、裁判上の手続きにより、慰謝料の請求をする人が少なくありませんが、夫婦間の主張が食い違っている場合には、問題が長引くことがあるため、親身になって対応をしてくれる弁護士にお世話になることがとても大切です。
また、離婚慰謝料を請求する時には、弁護士に支払うことになる着手金や成功報酬を考慮することはもちろん、離婚後の生活の過ごし方についてしっかりと決めておくことが肝心です。
この頃は、離婚問題に関する無料相談を受け付けている法律事務所が全国的に増加しており、相談先の選び方に迷っている時には、経験豊かな弁護士のいる事務所に問い合わせると良いでしょう。



離婚慰謝料と財産分与の違いを知ろう

離婚の話題が出るとどちらかに責任がある場合慰謝料の話題をよく耳にします。
離婚慰謝料とは原因を作った加害者が精神的苦痛を受けた配偶者に支払う損害賠償のことです。
あくまでも精神的苦痛に対してのもので明らかに加害者に落ち度がある場合に発生します。
相場は100~500万ほどで加害者の収入や被害者の精神的苦痛の度合いなどで決まってきます。
よく「慰謝料は数億円」などどいう報道を見かけますがおそらくその数字は慰謝料に財産分与を足した額です。
離婚するにあたって支払うお金ということで慰謝料や財産分与、養育費などはごちゃ混ぜになりがちです。
それぞれ違うものなのですが当事者にならないとなかなか区別がつきにくいです。
慰謝料は精神的苦痛に対して支払われるもの、財産分与は夫婦で築いてきた財産を分けること、養育費は子どもを養育するために支払うべきお金ということを覚えておきましょう。



離婚慰謝料の仕組みを理解しよう

離婚慰謝料を相手方に請求できるケースは限られていますが、中でもDVや不貞行為などの重大な問題があった場合には、経験豊かな弁護士にいち早く相談をすることがおすすめです。
また、慰謝料の相場は時代とともに大きく変化することがあり、将来的な生活に掛かる費用や結婚生活における夫婦関係などを考慮しながら、法的な手続きを取ることが肝心です。
夫婦間のトラブルの解決事例の多い法律事務所においては、弁護士による無料相談が行われているところもあり、実際に慰謝料の請求をするまでの手順について、分かりやすく紹介をしてもらうことが有効です。
また、高額な離婚慰謝料の発生が予想される場合には、余裕を持って各地で実績のある法律事務所に対応を任せることで、報酬額は高くなるものの、きめ細やかなサポートを依頼することが効果的です。

次の記事へ